運気 八門人相 房中術 癒しの杜 菜根譚 小説 会報Back No. 合気 蜘蛛之巣伝 死の超剋 霊的食養 心法
金銭哲学と金運考 1
金銭哲学と金運考 2
金銭哲学と金運考 3
金銭哲学と金運考 4
金銭哲学と金運考 5
金銭哲学と金運考 6
金銭哲学と金運考 7
金銭哲学と金運考 8
金銭哲学と金運考 9
金銭哲学と金運考 10
金銭哲学と金運考 11
金銭哲学と金運考 12
金銭哲学と金運考 13
金銭哲学と金運考 14
金銭哲学と金運考 15
home > 金銭哲学と金運考 > 金銭哲学と金運考 1
金銭哲学と金運考 1

金銭哲学と金運考






和同開珎
慶長大判と小判 天保小判 明銭

五円紙幣 拾円紙幣
神宮皇后をイメージしてデザインした壱円紙幣(エドアルド・キョリーネ作) 百円紙幣

 金銭は古来より、その固有の形や形式、またデザインは変わっても、人間の欲望を悩まし、かつ、それを生かして遣う人のところには集まった。そして金銭は、確かに生き物であった。

 金は“生きている”と言ったら、おおかた半分の人は「そうだ」と言い、またそれ以外の人は「そうでない」と言う。
 「生きているか」あるいは「生きていないか」そういう議論は無用であろう。しかし、この世にあるものは「生きている」と考えるのが妥当である。
 つまり総ての物は「生きている」のだ。生きているからこそ、その存在には総てのものに意味がある。

 また、金は生きているからこそ、人の心を悩まし、それに取り憑
(つ)かれ、魅了されて、誰もが金を追いかけるのである。しかし、追いかければ追いかけるほど、逃げていくと言うのも、金と言う生き物の性質である。

 人は誰しも金持ちになりたいと思う。そういう願望を抱きながら人は生きている。
 金さえあれば……。そういう願望がまた人間の人生を形作る。
 もう少し金があれば……。
 誰もが心に描く願望である。
 もう少し金があれば、生活が楽になるのだが……。
 そういう願望を抱いて生きている人が大部分であろう。それには老若男女を問わない。

 しかし別に金持ちになりたくないと思うのなら、それはそれで実に幸せであり、このページは飛ばして頂きたいと思う次第である。清貧に甘んじる生活を、よしとするなら読んでも無意味であるからだ。
 これは皮肉でない。実に幸せと思う次第である。

 自分の身を慎み、勤労所得の範囲内で、その生活に満足し、それ以上の物質的な欲求も贅沢も需
(もと)め無いのなら、それは既に「悟りの境地」に達した御仁(ごじん)であり、そこまで悟っておられる方なら、このページ自体が無意味になるであろう。読むことは是非放棄して頂きたい。

 然
(しか)し乍(なが)ら筆者は、日頃から付き合っている友人・知人などの隣人にあっては、そういう人を未だかつて、一人も見たことがない。人生の晩年に差し掛かり、死を目前にした老人でも、やはりもっとお金があれば……という願望を抱いていた。
 したがって今の生活に満足を覚え、自身の身を振り返って「足るを知る」ということを実践されている方を、僧侶を始めとしてそうした宗教関係者の中にも、先ずは一人も見当たらないのである。口では、金を穢わらしいように言うが、こういう人に限って「お金大好き人間」だった。
 悟り切った横行
(おうぎょう)なことを言う禅宗の僧侶を、何人か知っているが、その僧侶すら、実に俗人臭く生臭かった……。
 誰もが、生悟りである。ちっちも悟っていなかった。

 宗教家といっても、その実多くは中途半端な無神論者だった。そのうえ悟り切ったことを言う人ですら、そういう手合いも、少しでもお金が欲しいという願望を抱き続けていた。お金を欲しがる動機は人によって様々であろうが、そうした願望の裏には、「金銭」イコール「幸せ」という図式があるからに他ならない。
 もう少しお金があれば……。
 こう思うことは、現代生活を営む上でむしろ当然のことであろう。そして、そう言う願望を抱くことは、決して欲深いとは言えないのである。

 しかし、金は欲しがるだけでは自分の方に遣
(や)って来ない。また金は作ろうと思っても作れるものではない。金を作るコツを知らなければ、来るべき人のところには遣って来ないのである。
 だからこそ、「お金と言うものが一体どういうものか」考えて見なければならない。

 さて、『ロビンソン・クルーソー』の小説は誰もがご存知だろう。
 1719年に刊行されたイギリスの作家でジャーナリストであったデフォー
(Daniel Defo)の小説である。
 この小説は、ロビンソン・クルーソーが難船して、船とともに漂流したのち無人島に漂着したところから始まる。その島で自給自足の生活を築くのである。冒険心と経済的合理主義の精神とに充ちている物語である。
 この物語の中では、ロビンソン・クルーソーに経済人の、それを見る。また、ロビンソン・クルーソーこそ当時のイギリスの中産階級の典型を見る。同時に、資本主義の精神の権化を見る。更には、合理的行動の経済人としての経済感覚あるいは行動律を見る。

 ロビンソン・クルーソーが無人島に辿り着いた時、何をしたか。
 彼は難破船に戻り、小麦を見つけたことから経済人としてのアクションを起こす。小麦は彼に驚喜を齎
(もたら)した。なぜ驚喜したか。
 彼は難破船から持ち帰った小麦を全部食べないで、その一部を撒
(ま)いたのである。撒いた結果、より多くの小麦が収穫で来たのである。ここに経済人としての合理的行動が見て取れる。

 またロビンソン・クルーソーは難破船から鉄砲や火薬も持ち帰っていた。
 あるとき熱帯性の大雨に見舞われた。まさに思いもよらぬ驟雨
(しゅうう)だった。これには彼もびっくり仰天。
 何故ならば、大切な火薬が雨で湿気っては、以降遣い物にならないからである。そこで彼は次なる行動を起こす。
 ここにこそ、今日で言う「保険」という発想が生まれるのである。火薬を幾つかに分けて分散すると言う方法を思いつく。則
(すなわ)ち、ここには資本主義とは切っても切れない「保険を懸ける」と言う思想が働いていた。
 万一、火薬の一部が濡れたとしても、分散していればその他は残る。少なくとも全部が濡れてしまうことは無い。危険を分散することなどは、まさに保険である。彼は自分の発想で、「保険を懸ける」ことを思いついたのである。これこそ資本主義の合理的経営そのものではないか。
 ロビンソン・クルーソーが保険を懸けたことの重要性こそ、資本主義を大いに発展させた原点だった。

 さてこの物語を、次に自分の行動律に当て嵌めてみよう。仮にであり、譬
(たと)えである。
 時代設定は、西欧人が、十五世紀から十七世紀に懸けて新航路を開拓した大航海時代としよう。その時代に、あなたがいたとする。舞台は地図にも載らない小さな島である。
 それは無人島漂流者でもいいし、また小さな島で暮らす一住民でもいい。あなたは、この島で自給自足の生活をしているのである。そして、この島では山から絶え間なく清流が湧き立ち、小川となり、その川の水の恩恵を受けて、あなたは生活していたとしよう。その清流は、この島で唯一つの水源だったとしよう。

 あなたは自給自足の生活をしているのである。自力更正である。そのうえ島では、見晴らしがよくて近くに川があり、一等地に坐している。
 しかし、生きていく為には自分で作物を作らなければならない。そのためには先ず水がいる。そこで川から水を引くことを思いつく。汗水垂らしながら、水引の溝を掘り、縁に石垣を築き水路を造った。そしてコツコツと作業したお陰で、漸
(ようや)く自分のところに水が退けて田畠を潤すことに成功した。
 農作物も定期的に収穫出来るようになり、あなた自身、この島が非常に気に入っている。一生ここにいて暮らしていいと考えている。まさに楽園のような生活を送っていた。

 そこへ、ある日、沖に船が顕われ、船から小舟が繰り出されて島に上陸者の集団が遣って来た。上陸者は銃で武装して島に顕われたのである。
 あなたはこの上陸者の尋問に会う。経緯を訊かれる。
 「この島はお前のものか、先祖からのものか」などを尋問されるのである。
 あなたは自分のものだ主張する。上陸者たちは「そうか」と言った。
 そして上陸者は銃口をあなたに向けつつ、「この島が気に入ったので暫
(しばら)く滞在する」と言ったとしよう。
 滞在するのは、二、三日なのか、一週間なのか、半月なのか一ヵ月なのか、あるいはもっと長いのか……それは分からない。とにかく「気に入ったので、暫く島の一部を貸せ
」と迫り、この一言で居座ってしまったのである。

 そして「暫く」が、それ以上の長期になったとしよう。あたかも進駐軍の占領のように……。
 その居座りは長く続いた。船から建築資材が運ばれ、この上陸者集団は山から湧き出る清流の小川付近に豪奢
(ごうしゃ)な家を建てた。それ以来、あなたの生活は一変する。まさに軒を貸して母屋を取られる構図となった。
 更に、上陸者の長
(おさ)は手下(てか)を使って、小川付近の開墾を始めたのである。その結果、あなたの田畠には水が来なくなった。妨害の最初だった。上陸者たちは、あなたの造った水路を塞ぎ、貯水池を造り始めたのである。そして遂に地主然となってしまったのである。

 彼等は銃で武装しているので、迂闊
(うかつ)なことも言えない。そして上陸者は、この島の征服者となり、総てが完成した後に、ここに富裕層を誘致して別荘にすると言い出した。
 あなたは再び銃で脅される。出て行くか、まもなければ労働者として働けと言うのである。それは奴隷になれと言うのと同義だった。この島の住人で居たいと思うのなら、労働者と言う名の奴隷になる以外なかった。
 こうして初期資本主義の有産者階級を構成したのである。武力に物を言わせる、一種の帝国主義だった。

 本来あなたは自分の土地を守り、慎ましく真面目に生活をしていた。
 ところが、ある日、青天の霹靂
(へきれき)と言うが如く、上陸者が顕われ、この上陸者は島の征服者へと豹変したのである。
 新航路を開拓した大航海時代、こうして新大陸に繰り出して行ったのである。西欧の政治的ならびに経済的に重大な影響をもたらした時代である。植民地主義や帝国主義の先駆けを作った時代である。この発見時代の真っ直中、かつての住民たちは武装した西欧人に亡ぼされたり、山岳の奥地に追いやられて行った。

 あなたも、まさにそうした境遇下の運命にあった時、さて、どういう生き方があるだろうか。あるいはどういう身の振りからをするだろうか。
 先ずは、この境遇から抜け出し、人権を取り戻し、自由を獲得することは急務であろう。あるいは武装して追い返す手段を講じることだろう。
 またこの構図こそ、十八世紀から二十世紀に懸けての「西洋列強」対「発展途上の東洋」だった。あたかも外国船打ち払い令を彷彿とさせる。もう一度、このことを考え直すべきだろう。

 仮定の構図と重ね合わせつつ、いま何を考え、何をすべきか?……。経済とか、金ということが脳裡にある時、あなたの出来るアクションは何だろうか。
 これを二十一世紀の、今の日本に置き換えれば、どういう行動律があるだろうか。

 国破れて山河在
(あ)り……。
 日本人の情緒感である。あるいは遺伝子に刻まれた暗示にもとれる。果たして、国が破れた後に、日本人に山河などあるのだろうか。
 そして世界は金融経済で牽引されているのだが、人はなぜ金を欲しがるのだろうか。なぜ人の物を欲しがるのだろうか。これこそ世界人類の共通願望でないのか。
 排他的経済水域も考えれば奇妙なものである。この背景にも、金を欲しがる意図が隠されている。その中に、経済も政治も包含されている。
 同時に有産者階級を構成し、その一方でランク落ちの中産者階級を構成する。あるいは更に下の下級層を構成する。この構図の中で金が循環するようになっている。

 これは逆に言うと、今日の世で、金を遣わずにいるというのは至難の業
(わざ)である。
 そして「金は天下の回りもの」というが、果たしてそうか。
 昨今の経済を見ると、金銭は一人の所にとどまってはいないで、また貧富は固定したものではないと言えるだろうか。
 金持ちは益々金持ちになり、貧乏人は益々貧しくなって行く。そういう仕掛けが、ブルジョア革命時の資本主義発生当時に出来上がっているようにも思うのである。かのフランス革命は、そうではなかったのか。啓蒙思想から生まれた概念は、そうではなかったのか。
 だが、これを自由で平等な個人によって構成される近代社会と標榜
(ひょうぼう)するが、果たしてそうだろうか。




 貨幣とは、つまり「金銭」とは、いったい何だろうか。それは紛(まぎ)れもない「生き物」である。生き物なるが故に、その遣(つか)い方如何によって、人それぞれに幸・不幸を齎(もたら)すのである。それは「金銭は生きている」ということだ。
 この生き物は、生き物自体に、その所有者に対して「好き・嫌い」の意思表示をする。
 つまり、お金に好かれる人と、そうでない人が居ることだ。

 お金から好かれる人は、お金の方から遣
(や)ってくる。また、嫌われる人は、幾ら自分がお金を追いかけても、追いかける奔走分だけ、お金の方が逃げていく。一体この差は、どこにあるのだろうか。

 それはお金と言う“物”が総て生きていると言うことだ。単に、預金通帳に記載された「数字」ではないのである。
 普通、人は、金を得る為に、その数字の「ケタ」だけを追いかける。右末尾の、「0』の桁数を増やすことばかりを考える。その為に、人間が一生を「賭けている」といっても過言ではない。

 しかし、この為に奔走する人は、高が知れている。それは金銭と言う物が、単に「数字の桁」でないからだ。これは「数字に姿を変えた生き物」であるからだ。

 人間の棲
(す)む世界を「現象界」と言うが、現象人間界では、「事象は変化する」あるいは「物事は変化する」と言うことだ。一時も留まることなく、確実に、刻々と変化をしている。その変化の特徴は、事象や物事が、変化し易いところの流れていくと言うことだ。

 つまり「変化」とは、生かされて、大切に遣えば、その持ち主を助け、その為に「物は喜んで働く」ということだ。
 一方粗末に扱えば、持ち主に反抗するばかりでなく、時には腹を立て、持ち主に逆襲することすらあるのだ。

 この「逆襲」を端的に考えれば、“賭け事に遣われる金”は「身に付かない」と言うことである。ギャンブラーが金持ちになれないのは、この為である。金を「切った張った」の世界で酷使すれば、当然の如く、逃げ出すのは当たり前である。
 現代は、“消費に時代”と言われるが、粗末に遣えば、早々と逃げ出すのは当たり前で、「金とは、自分の手足の如く、大切に愛する」ことが大事なのである。

 現象人間界では、「物」を象徴した物が「お金」である。総ての「財の象徴」を、金銭と言う生き物は持っている。そしてこの生き物は、非常に敏感である。持ち主の顔色を読むことが上手だ。
 金銭は、現象界で最も敏感で、神経質な生き物である。その上、敏感なだけあって、金銭を所有されるのに、「好き・嫌い」の意思表示をする。

 とんでもなく、厄介で、敏感な生き物であるが、好き嫌いの意思表示は、やはり金銭を大事にしてくれる人のところに集まる。そして、金銭を生かして遣う人のところに集まる。お金とは、こうした生き物なのだ。


●金銭と人生

 “金銭”について、真摯(しんし)に考えてみよう。
 金銭こそが人生における、幸福と大きな関係を持っていると思う人が少なくない。また、この金銭によって、運・不運が存在すると考えている人が少なくない。
 「世の中は、金が総
(すべ)てではない」等と言い切ってしまう人までが居る。しかし、こうした事を断言すると、後で、とんでもない“しっぺ返し”を受けることになる。また、こうした考えは、早計であろう。

 確かに一面においては、金が総てではない。しかし多くは、金銭の欠乏によって、不幸が発生することは紛
(まぎ)れもない事実であるし、これを甘く考えたり、無視すると、飛んでもない結末が待っている。
 まず、人生を生きて行く上では、金銭で困らない「生活経済対策」や、その「環境造り」をすることが大切である。それが出来ないでいて、「金が総てではない」と考えるのは、一種の傲慢
(ごうまん)であると言わざるを得ない。あるいは貧者の、金持ちに対しての僻(ひが)み根性か。しかし、僻み根性だけで、金銭を一蹴(いっしゅう)するのは愚かであろう。

 金銭を貯えようとしても、これは直ぐに溜まらず、また、金銭で困った場合、それを直ぐに解決する手段はない。これを手当てしようと思えば、何処からか頭を下げて
“借金”する以外ない。また、借金をするにしても、直ちに借金をさせてくれる事は少ない。普段からこうしたことを予測して、常に金銭に困らない経済生活と環境造りをしておくことが大事である。
 則
(すなわ)ち、金銭とは、人間の方が頭を下げる物質なのである。

 さて、金で困らぬ環境造りとは、一体どういうことなのだろうか。
 これは金を普段から節約し、出来るだけ無駄な消費を繰り返さぬことである。しかし、これは分かり切ったことでありながら中々、実行することは難しい。無駄な消費は、やがて浪費癖を誘導する元凶だと分かっていながら、つい遣ってしまうのが人間の弱い心の一面である。

 資本主義市場経済は、消費の為の消費を繰り返す、一種の「ねずみ講構造」である。このことをよく理解する事だ。市場経済が「ねずみ講」である以上、次から次へと連鎖反応を起こさなければならない仕組みになっている。消費者はこの罠
(わな)に掛かるのである。
 資本主義経済は、消費による経済効果を上げるシステムになっている。それも「買い替え」という巧妙なシステムからである。したがって、これを充分に把握し、普段から金銭に困らぬ環境造りをする上で、これは重要な認識事項である。「無限連鎖の仕組み」こそ、資本主義市場経済の正体であり、また原動力なのである。

 つまり、「消費」とは、古いものを捨てて、新しいものを買い替える、欲望の直接的かつ間接的な充足の為の経済現象であるということである。この経済現象の中で、人間は踊っていると言えよう。あるいは金銭と言う物に踊らされる因縁を持ったものが、また人間の偽らざる姿である。

 消費者は、最初は消費の為の消費を繰り返すだけの存在に止まっている。しかし今日のように、日本国民が「一億総中流」の意識を持ち、契約社会において、ローンや信用取引ができる今日、やがて消費の為の消費が、借金の為の借金と姿を返ることは明白であり、この中流の意識が、今や「借金漬け」という現実を作り出している。これを見てみれば、資本主義市場経済が、国家間で行なわれる、完全な「ねずみ講」であるということが分かる。外国への輸出や、外国からの輸入の現象を見れ見れば、各々の国が国際間のサービス取引の収支による貿易外収支によって、「無限連鎖の仕組み」を派生させ、輸送、旅行、通信、金融などサービス取引を連鎖させていることである。

 「ねずみ講」は、会員を鼠算
(ねずみざん)式に拡大させることを条件として、加入者に対して、加入金額以上の金銭や、その他の経済上の利益を与える一種の金融組織である。国家においては、「ねずみ講会員」が国民ということになる。ただ、国民にこの意識がないだけである。無限連鎖の作用に気付かないだけである。

 かつては「天下一家の会」が社会問題になり、投機性が強いので法律では禁止されたが、これはあくまで個人間に限ってのことであり、国家間がこれをやっても、何の咎
(とが)める法律もない。国際法ですら、国家間の「ねずみ講」は野放しであり、どんなに大きな経済的損害を与えても、これを規制する国際法規はないのである。

 現に、国家間では「ねずみ講」を母体にした経済謀略が諜報機関組織で盛んに行われ、これが水面下で暗躍している。諜報機関では、何処の国でも経済破壊活動に関与する組織があり、これは背後から資本主義市場経済に関与して、敵対国の経済を揺すぶりを掛ける。
 また、日本では経済破壊活動を企てる背後には、極左
(過激派集団の反帝国主義武装革命集団各派)の共産革命集団が暗躍し、それに張り付く陸幕第二部別室(陸上自衛隊内の、この存在は組織上はないことになっている)や警察庁の公安総務ならびに外事警察などが絡み、その様相は複雑なものを呈している。

 また、この揺すぶりは、市場経済と言う「ねずみ講」が存在から可能になる。
 「ねずみ講」は、連鎖配当組織あるいは無限連鎖講と称され、「無限連鎖」の繰り返しがその組織のメカニズムであり、まさにこれは仏法の説く「輪廻
(りんね)の輪」と酷似している。
 資本主義市場経済は、この無限連鎖を常に発生させ、回転し続けることで、次々に新商品が開発され、それを消費者に、購入・消費させていくという構造をもっているのである。

 これは、今では生活必需品になってしまった自家用車を考えてもらえば、この事が一層よく理解できるであろう。
 新車は約三年周期で造られている。年式は、毎年新しいモデルで市場に送り出されるが、内部のメカ部分やボディーのチェンジは、三年周期で新しいものになっている。

 したがって、消費者に車を買い換えさせる周期は、三年周期で、車のセールスマンがやってくる。そして盛んに買い替えを勧める。
 しかし車は、三、四年で乗れなくなってしまうほど、チャチな構造になっていない。大事に使い手入れを怠らなければ、10年はおろか、20年でも30年でも充分に使えるのである。クラシックカーが健在で、今も現役で動いているのを見れば一目瞭然であろう。必要性のない連鎖の派生である。

 だが、国民の多くは市場経済全体が「ねずみ講」であると言う認識を持たない。車市場すら、ねずみ講のルートの上に載せられ、これが展開されている現実を知らない。したがって「買い替え」の罠
(わな)に嵌(はま)まる。そして、一度この罠に嵌れば、一生涯これから抜け出す事は出来ない。
 一度、車をローンで買った場合、そのローンは永遠について蹤
(つ)いて廻る。買い替えの度に、次の新しいローンに切り替えられ、この契約を履行しなければならない。これが底辺に位置する庶民の実体である。

 ここに、車を所有する見栄から派生した一億総中流の自覚症状のない現実がある。ローンが永遠について廻
(まわ)る現実が存在する。人間現象会は、また見栄に振り回されたり、世間体を気にしないではいられない世界でもあるのだ。見栄と虚栄心が強まれば、この市場原理は益々栄えることになる。人間は政治理念に関係なく、どの政策下に居ても、見栄と、一種の強がりは消えないのである。

 動物でも人間でも、生き物は総て大小はあるが、それなりの虚栄心と自負心を持っている。そして人間の場合は、これに「強がり」が加算される。
 これは、例えば恋愛においてもそうであろう。男が、自分で見初
(みそ)めた“いい女”を獲得しようと思えば、その背後には見栄や強がりは発生する。自分をよく思われたい為の過剰なサービス精神が働く。愛する女に対し、男は往々にして、この見栄と強がりを駆使する。これは愛する女が自分に抱いている影像をぶち壊したくない為に、あるいは幻滅させない為に必要以上に背伸びして、大判振る舞いの見栄を張り、強がりをして力んでみせると言う訝しな現象を平気でやるのである。これは人間に限らず、動物でも同じで、雄が雌よりも鮮やかな表形をしているのは、雌の関心を惹(ひ)く為で、人間もある意味で、これにひけを取らない。

 また、見栄張り男は、自分の恋人に会社での地位を殊更に高く表現したり、立派に言ったりするのも見栄と強がりであり、自分を頭のいい、有能な人間に見せるこの涙ぐましい駄法螺
(だぼら)は、よく考えれば見破れるのであるが、そこが見栄張り男の虚栄心と言うもので、つまらない誇張が渦巻く世界が、また現象人間界なのである。
 更に、月給の額を実際以上に誇示すると言うのも、見栄張り男の小児趣味であり、このての趣味は結婚相談所やブライダルビジネス産業の情報調書に山積みされている。

 しかし、小児的で非現実的な虚栄心は、人間の心理をくずぐる消費の弱点になっている。これこそが消費の為の消費であり、見栄張り人間どもはこの策に絡め捕られ、遊蕩児
(ゆうとうじ)の醜態を曝(さら)してしまうのである。
 こうした見栄は、消費の為の消費を生む。これこそが無限連鎖消費を起こさせる資本主義の「ねずみ講」たる所以
(ゆえん)なのである。

 また「ねずみ講」に酷似した社会システムに「マルチ商法」なるものがある。これこそ、市場経済では、資本主義にメカニズムに酷似した商法システムと言えよう。

 マルチ商法
(multilevel marketing plan)は 商品販売方法の一つであり、物品販売業者とその商品を再販売する者(会員)とが、次々に他の者を再販売組織に加盟させて、組織内での地位(階級)昇進から得られる利益を餌(えさ)に商品の購入や、取引料の支払いの負担を約束させる形で開始する商品の販売取引である。
 これは、別名「ねずみ講式販売法」とも呼ばれ、投機性が強く、弊害が大きいので法律では厳しく規制されているが、「ねずみ講」同様、再販売する会員が、国民と思ってもらえば納得できるはずである。

 この商法は、詰まるところ、連鎖販売取引であり、会員
(国民)はテレビや新聞広告、インターネットや雑誌広告の宣伝媒体を通して商品内容を知る事が出来、この内容に魅(み)せられて、消費の為の消費を繰り返すというのが消費者(国民)の心理である。国民あっての国が成り立つ要素も此処にある。踊らせる側の仕掛けばかりでは、国は成立しない。踊らされる国民があって、はじめて国家と言うものが成立するのである。

 したがって、改めて新車に買い替えるという場合、今、買い替えるにあたり、家計のことを考えないで買い替えるという愚行は避けたいものである。
 本来ならば、車を所有する状態にあるか否かを考え、車を所有する経済力があるのなら、「現金買い」をすることである。「現金買い」をして、長く乗る事である。これの方が値引きも大きいし、多くのサービスが付く。しかし、「ローン買い」となると、そうはいかない。そして、金利が付く事も忘れてはならない。

 前の分の完済が終わる前に、大ローンを組んで、再び払い続けるということは、多重債務の追加であり、こうした現実を把握すれば、「我が家は破産するのではないか?」と、直ぐに裏のことを考える癖をつけることが大切である。安易に「ローンを組む」という家庭の経済内容は、一つのローンだけではなしに、他にもクレジットやローンの履行
(りこう)が存在するからである。これを把握せずに、次のローンを組む事は、結局、多重債務を抱えている事なのである。

 しかし実のところ、消費癖旺盛な現代人は、この辺がルーズであり、自覚症状もなく、また見得や世間体もあって、セールスマンの口車にまんまと載せられ、新しいこと、快適なこと、便利なことに転んでしまうようだ。
 更に、隣近所に見得を張ることにも心を奪われて、家計圧迫を度外視して、後先無しに買ってしまうというところに、不幸の始まりがある。したがって、慎重を期すことが不可欠であり、事あるごとに、裏返しの思考で物事を考えることが大切である。

 また、車を買った時点で、不運・不幸の始まりであるということを胆に命じて欲しいと思う。更に、車を所有するということは、交通事故と因果関係を持つことになり、車に乗り、シートベルトを絞めた時点で、交通戦士であるということを覚悟しなければならない。

 この意識が希薄であると、ついには交通事故の被害者もしくは加害者となるのである。車を所持した時点で、この事は片時
(かたとき)も念頭から外してはならない。不幸は、ある日、突然に襲うものということを忘れてはならない。

 そして、現代人の生活の裏側には、見えざる「ねずみ講」が生活に深く関与していて、金銭と人生の中枢を司っている現実がある事を、私たちは忘れてはならないのである。
 朝起きて夜寝るまで現代人に入り込んでくる音と映像は、新聞・テレビ・ラジオなど、何処を見ても宣伝の洪水である。この洪水は手を替え品を替え、巧妙に謳い文句を放ち、庶民の財布の紐
(ひも)を弛めように懸かっている。
 朝起きて新聞を開くと、どのページにも宣伝が掲載されている。全面広告を打っている広告もある。一歩外に出れば、眼からも耳からも、否応無く宣伝が飛び込んで来る。

 雑誌を開いてみても、至る所に宣伝が貼られている。
 仕事が終わり、夜帰宅すると、既に家族が見ているテレビからはコマーシャルが延々と連続されている。
 コメンテーターが宣伝媒体を巧みな話術と言い回しと、甲高い声で畳み掛けるように売り込んでいる。一種の間接的押し売りであるが、一方で高度化された、科学的技術を結集した話術は、心理学に基づいて消費者心理を分析したものであり、それを巧みに利用して、買いたいと言う気持ちを起こさせるのである。その中には体験者や芸能人のコメンテーターを引っ張り出し、構造や仕組みを喧伝し、かつその効能を科学的医学的に説明して、消費者を仕留めるという手口が遣われている。
 遂に、「無理に買わなくてもいい……」と思っていた気持ちが逆転する。

 その心理の裏を挙げれば、自分の家にある物は「古くさい」とか「時代遅れだ」と思わせる心理を突いて展開していることなどは、まさに「ねずみ講の永久連鎖」を彷彿とさせる。見えざるねずみ講は、こうした側面にも働いているのである。これは現代の世を「物質崇拝教」に入信させる一つの信仰といっても過言ではあるまい。



●不運を幸運に切り替えうる発想

 さて、アメリカでは、雪道を走っていて車がスリップし、何かに衝突して事故を起こした時、その友人達は「あなたは良い経験をして、ラッキーだったですね」と言うそうである。

 何故、良い経験なのだろうか。何故ラッキーなのだろうか。
 日本人には皮肉に聞こえるようであるが、欧米人は事故を経験した者に、そう言うらしい。
 そこには、事故を起こしたことの教訓が残るからだと言う。自らの失敗は、何よりも薬であり、教訓であるからである。そして、こうした経験はいつまでも残り、これは決して忘れるものではないという。

 しかし日本では、多くの人がこのような交通事故を起こした時、ラッキーだったと思う人は少ないようである。多くは、「ついてない」と思う。不運だったことを悔やむ。修理代が掛かる、痛い出費だと思う。そして、悔悟の念が湧く。

 交通違反を考えても、日本では、多くのドライバーが、何処かで必ず交通違反をしている癖に、自分だけスピード違反で捕まる、駐停車違反で捕まる、信号無視で捕まる、一時停止違反で捕まるなどの、こうした違反が、わが身に降り掛かった場合、多くは「不運だった」と思う。特にネズミ捕りに引っ掛かれば、この不運の様相は克明になる。違反した事よりも、不運であった事の方が、実に口惜しいのである。
 日本人は、不運をこうしたところに、他に責任転換する事が多い人種なのだ。

 しかし、ここが考えようである。
 発想を変えれば、「これだけの事故を起こして、よくぞこの程度の損傷・損害ですんだ。本当にラッキーだった」と思うことは出来ないだろうか。違反で検挙されれば、「転ばぬ先の杖」と思う事は出来ないだろうか。
 「天網恢々
(てんもう‐かいかい)(そ)にして漏らさず」という諌言を思い出すべきである。天の網は広大で目があらいようだが、悪事を繰り返せば、いつかは大きな不幸が訪れるのだ。悪事は、必ずバレる時がやって来る。

 「ついてない」と思うのと、「ラッキーだった」と思うのは、こうした考え方に、天地の開きがある。特に「転ばぬ先の杖」式で考えれば、結果は大きなものに還元されて、やがて自分に、巡り巡って来る。
 果たして読者諸氏は、どちらを支持するであろうか。

 あなたの幸・不幸は、どちらを支持するかで、既に幸・不幸の明暗を分けている事になる。発想の転換で、あなたの将来は、既に《予定説》によって「予定」されているのである。
 この世と言う現象人間界では、偶然と言うものは決して起らない。予定された事が、予定された通りに行われている。結果が原因を派生させる構造が、既に最初から出来上がっているのである。

 現象人間界は、原因が先にあって、結果が出るのではない。想い描いた事が、既に結果なのである。非実在界は、心像化現象の、現象化の影響を受けていることを忘れてはならない。そして原因を派生させる、そもそもの起りは、想念による思考である。想念が、その時点で結果に至る原因を派生させ、原因は結果に至る必然的なプロセスに過ぎない。

 換言すれば、心の切り替えで運気が開かれるという体験を通じて、良い想念を抱き続けることであろう。不運を解消する鍵は、こうした発想の転換にも見て取れる。原因が結果を生むのではなく、結果に見合う原因が、既に派生する予定を決定して居る事である。したがって、想念により、結果が起り、原因はそれに至るまでの、単なるプロセスなのだ。

 さて、もう一度、資本主義と言う「輪廻の輪」に迫ってみよう。
 資本主義市場経済に付き物なのが、「契約」である。
 契約に基づく「信用」の履行
(りこう)こそ、資本主義では、一つの重要な要素となる。これを履行する事で、金融経済が発達したのである。これを履行することこそ、資本主義のルールなのである。

 しかしこのルールから、個人においては、銀行系の“VISAカード”や、サラ金の“サラ金カード”が「信用貸し」という形で集金システムをなしている。
 消費者に「お手軽」を売り物にして、これ等のカードは免許証や健康保険証や給与支払明細等の提示で簡単に手に入れる事が出来る。その上弦は50万円まで借入することが可能になり、手軽で便利で迅速な一面が多いに受けている。

 しかし裏を返せば「借金漬け」への第一歩であり、やがては借金の為の借金を繰り返すジレンマに陥り、これが不幸の虎口であることを忘れてはならない。そしてカード一社での上弦は50万円と決められているが、金融会社を変えれば、多重債務が可能となる。多重債務の元凶は此処に起因する。

 しかし、こうしたものに頼る人は、カードを所有することが自体が、不幸への虎口と認識できず、テレビCMに乗せられて、安易に手を出す人も少なくない。

 最初は順調に返しているように見えても、やがては行き詰まるものである。カードを所有し、そこから20万円相当の借金や物品を買った時、既に不幸現象の第一期症状運命症候群に陥ったと考えるべきである。
 高利貸しを一軒といわず、数件借りて返済の為の返済に陥った場合は、既に不運と遭遇したことになり、ここからサラ金回りの地獄ツアーが始まる。これこそが不幸の原点なのである。

 結局、金銭を甘く見たものは「やはり金が人生の総てであった」と、悔恨の念を此処で抱き、この錯覚のうちに人生を終っていくのである。
 これは覚醒剤や大麻等の麻薬が止められず、ズルズルと虎口に引き寄せられて、最後は命を失う、あの構図に、どこか似ていないだろうか。



●一億総借金漬けの現実を知ろう

 近代資本主義を築いた社会構造の基盤になったものは、キリスト教をベースとした欧米の契約社会であった。ドイツの社会学者であり経済学者のウェーバーの『プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神』を読めば明らかになる。近代資本主義の成立とプロテスタンティズムの関係は密接に結びついている。

 キリスト教による社会契約論は、「信用」と「契約」という二つを、契約書の中心に据え、対立する複数の意思表示の合致によって成立する法律行為を決定した。贈与・売買・交換・貸借・請負・雇用・委任・寄託等がそのよき例で、これらは一方で、今日の「借金漬け」の現実を作り出した。

 また「信用」と「契約」が、大衆を借金地獄に陥れた。今日の一億総中流の大衆社会における社会構造は、この総中流である大衆の「一億総借金漬け」に回帰すると言っても過言ではない。

銀行カードであろうと、体裁の良い借金地獄カードである。そして国民の多くは、借金漬けの現実の中で、このカードを借金地獄への通行手形に遣っている。消費者が多重債務に陥って、カード地獄で苦しむ現実の裏には、安易なカード使用があり、これが生活経済に大きな圧迫を掛けている。
 こうした背景にも、「見えざるねずみ講」が働き、物を欲しがる心因から発したものであった。

 入金の当てのないのに、借金して、これを生活費や贅沢品に廻す等は愚の骨頂であり、やがては返済不履行となって、サラ金地獄に追われる事になる。
 サラクレ
(サラ金とクレジットを併せてこう呼ぶ)は、双方ともに大きな落し穴があるのである。そしてクレジットカードなどの使用については、自覚症状のないまま、安易な使用に繋がるので、金銭感覚の薄い消費癖のある者は、益々、多重債務の様相が濃いくなる。

 私たちは豊かさと、快適さと、便利さを引き替えにして、多くの日本国民は、借金漬けになって、極めて不自由な、死ぬまで走らされる苛酷
(かこく)なラットレースを強いられていると言う現実が横たわっているのである。
 また「信用」と「契約」が、大衆を借金地獄に陥れた。今日の一億総中流の大衆社会における社会構造は、この総中流である大衆の「一億総借金漬け」に回帰すると言っても過言ではない。

 近代資本主義は、近年に至って高度大衆社会の現実を作り出した。
 高度大衆社会とは、一応は聞こえがいいが、要するにその他大勢である一般大衆を、「一億総借金漬け」にする要素を含んでいるのである。その元兇には、新聞・テレビ・ラジオからのコマーシャルの連続があるのではないか。

 昨今は昔と違って、広告宣伝にも科学的技術が持ち込まれている。心理学も導入されている。これらの総動員で、消費者の心理は徹底分析され、「欲しがる」という気持ちを煽り、巧みに間接的押し売りをやり、買いたいと言う気持ちを起こさせるのである。
 この罠に嵌まると次のような心理に捕われる。

いま家庭内で使っている一切の家電やその他の器具が実に古くさく思えるようにする。
甲高い声で畳み掛けるような話術に圧倒され、無くてもいいような物まで「欲しい」と思わせる。
欲しいと思わせる商品を購入することによって、今よりもっと充実した快適な生活が出来るのではないかとの錯覚を抱かせる。
その錯覚により、本当の幸福、あるいは楽しくて便利で豊かな生活が保証されているような物質至上主義へと導いて行く。
一旦そこへ導かれると、「欲しがる中毒」に陥って行く。欲しいが、いま金が無い。しかし金が無いでは面白くない。それを見透かしたようにローン販売の奥の手に捉えられてしまう。

 宣伝の洪水の山を分析すれば、仮に気持ちの何処かでは「別に買わなくてもいいのだが……」と言う気持ちが働く一方、だがそれを買う金が無いとなると、何だか自分が惨めになり、やはり面白くないと言う気持ちになる。そこでローンと言う手口に乗るのである。こうして現代人は「物質崇拝教」の信者になって行くのである。



  運気     八門人相     房中術     癒しの杜     菜根譚     小説     会報Back No.     合気     蜘蛛之巣伝     死の超剋     霊的食養     心法